スポーツ障害とケアの講演(1)

スポーツ障害とケアの講演(1)

8月23日(月)、人吉市民を対象とした現在14の競技の(お茶、生け花を含む)教室運営する総合型クラブ「カルヴァーリョ・ラッソ人吉」(人吉市教育委員会 社会教育課スポーツ振興係 電話0966-22-0131)の指導者研修で「スポーツ障害とスポーツケア」について鍼灸院院長の宮原信晃さん(56歳)が講演をした。
30分の持ち時間の中で、この夏話題となった熱中症の対策と対処や本題では指導の間違いで選手生命を短くすることを実例をあげて話した。プロ選手やトップアスリートが行うアイシングも披露した。
参加者は「実践的で指導者によくわかる講演で良かった。次回も期待しています。是非参加して学びたいです。」と言っていました。

カテゴリー: 福祉・健康, 講演・卓話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。